「迎え火」

寒村に灯りがともる
引き戸を開けて
人々の影が現れる

老いた母親が
息子の帰りを待っている
蓄えをはたいて準備する

ご先祖様がお戻りになる
心を込めてお迎えするのです
それから自分を清めるように

蚊帳越しの迎え火は
どこか厳かで優しかった
夜風が心地よかった

迎え火がゆれていた
誰かが頷いているようだった







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック