あの頃の春

あの頃の春は
まだ輝いていて
新しい出来事に
胸がときめいていた

あの頃の春は
まだ桜色で
新しい出会いに
とまどうばかりだった

あの頃の春は
まだ優しくて
あの頃の僕は
ずっと春を楽しんでいた

春の訪れが嬉しかった





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック