秋の夕景

それは秋の夕暮れのことでした
すりガラスを通過した光線が
灰色の部屋を赤く染め
不思議な景色がありました

それは秋の週末のことでした
光球から放たれた光線が
暮れ色の村を紅く染め
不思議な景色がありました

もうすぐ夜が訪れる
もうすぐ闇に包まれる
それから僕は
真っ暗な道を帰路につく

それは秋の夕暮れのことでした
幸せだった秋のことでした





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック