コアラ③ 「コアラとシーホーク」

コアラも三本目になりますと、いろいろと反響というものが少しは出てきます。ほとんどは「これはワシのことですか」という苦情です。
 この際だからはっきり言っておきましょう。これは私が勝手に考えた物語、フィクション、創作であります。実在の人物ではありませんのでご了解いただいたらと思います。

 世の中がミレニアムとかで盛り上がっている頃のことでした。福岡ドームとシーホークが完成し、ダイエーホークスが絶頂期のころでした。
 動物なのにプロ野球大好きのさるじろう先生が、大好きなライオンズ対ホークスの試合をシーホークに泊まって福岡ドームで見たいと言い始めました。この時期に、このセットを組み合わせてチケットなり予約なりを入手することがどれだけ困難なことか。某所得最低県の末端で生きている我々さえ容易に想像できることでした。特にシーホークがきつくて夏休みの時期に三部屋取るなんて絶対に不可能でした。
 しかし優しくて面倒見のいいさるじろう先輩先生のために、何とか夢を叶えてあげたくて、我々は四方八方手を尽くしました。
 福岡ドーム「ライオンズ対ホークス」内野のチケット予約席3枚は、隣の県にあったセブンイレブンで何とか入手できました。しかしシーホークは案の定無理でした。さるじろう先生もすっかりあきらめてバナナを食べる姿にも元気がありません。結局チケットがもったいないので福岡の別のホテルに泊まって福岡ドームに通うという案でいくことになっていました。
 そんなある日、コアラが職員室に帰ってきてあっさりと言いました。
「8月10日から2泊シーホークを取りました。シングル3部屋でええですよね。」
「?!!!」
「そんなことなしてできたんか?」
「ネットで予約したんですよ。」
「???」
 当時はまだまだネットが普及していなかったので、インターネットと言えば我々一般人には敷居が高かった時代です。そんな頃に、いやそのずっと前からパソコンをいうものを駆使していろいろと我々を驚かせてくれていました。一番驚いたのはその価格で、軽自動車が買えるぐらいだったと思いますが、コアラの生活レベルと比べて非常にアンバランスだと思ったことがあるのですが、さすが東京電波学校卒と言うこともあって、その方面には精通していて、周りからは一目置かれておりました。
 コアラの話によると、シーホークにはネット予約というシステムがあって、まだまだ一般人は知らないのでその枠が残っていたということでした。昨夜コアラの家のインターネットでアクセスして予約に成功したということでした。わけの分からないさるじろう先生と私は、とにかく良かったということとインターネットってすごいのうということで一安心して、しばらくはコアラを尊敬の眼差しで見ていたような気がしています。

 そんなこんなで、いよいよ8月10日の出発の日を迎えました。朝からさわやかな夏晴れで、3人は気分上々でコアラのトヨタの大きな4WDに乗り込んでいよいよ出発です。コアラは学生時代に東京に住んでいたので、福岡ぐらい何でもないということで運転を任せることにしたのです。まさにコアラさまさまでした。
というわけで中国道乗って、関門橋渡って、福岡の都市高速に入って、途中で休憩したり景色見たり食事したりしながら、15時前には無事にシーホークの広い駐車場に車を入れることができました。そいでもってそれぞれの荷物持って、シーホークのロビーにたどり着くことができました。順調すぎて怖いぐらいです。
「それじゃあワシがチェックインを済ませてきますけえ、お二人はここで荷物を見とってください。」
そういって、コアラは鞄からA4ぐらいの印刷物を取り出すと、それを持って颯爽と受付に向かって行きました。
 私は、シーホークの大きさときれいさと立派さとすごさに驚いて辺りをきょろきょろしていました。さるじろう先生は「見ていて」と言われたので、コアラの荷物をじっと見ていました。そのうち、さるじろう先生はある異変に気がついたようでした。
 ずらっと並んでいるシーホークの受付の一角でコアラと受付の方がもめているようでした。明らかに周りの空気が違っています。

「コアラがなんか揉めとるで。」
「えーっ。なんかあったっんですかねえ。」
「まさか泊まれんとかないろう。」
「それは勘弁してほしいですねえ。」
とか話しているうちに、コアラが戻ってきました。
「お待たせしました。これカードキーですからなくさんようにしてください。」
 私とさるじろう先生は、まあ良かったということでホッとしてコアラについてエレベーターに乗り込みました。
 さるじろいう先生がコアラに聞きました。
「揉め取ったようじゃけど何かあったんか。」
「ええ。予約が一部屋しか取れとらんかったんですよ。」
我々は目が点になりました。
「それでどうしたんか。」
「向こうの手違いじゃ、と言って押し問答しとったら相手が折れて空き部屋を用意してく れました。」
「この時期のようそんなことができたのう。」
「まあ、向こうが悪りいんですけえねえ。まあ、わしも確認せんかったし。よう考えてみ たら人数は入れたけど部屋数は入れんかったんですいね。それでも3人ちゅうたら普通 は3部屋取るでしょう。常識として。じゃからホテルの手違いです。」
とあっさりいいました。何事もなかったように。
 きっとホテルの人は泣いていたと思いますよ。超クレーマーもいいところです。この時期にシーホーク当日2部屋追加なんて。それにしてもコアラはまったく悪いとも思っていませんでしたし、そんな様子は微塵も見せませんでした。すごい。B型。しかも「常識」という言葉をしゃあしゃあと使っている。
 さすがのさるじろう先生も何も言いませんでしたし、私も黙って聞いていました。下手をしたらシングル一部屋に3人で寝ている自分たちを想像して。それから部屋にはいって荷物を置き、一息ついたのでした。

 コアラは絶対にシーホークのブラックリストに超クレーマー動物種として載ったに違いありません。コアラとシーホーク、皆さんはどちらに非があったと思いますか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック