ブルーバードマキシマ~(ある意味)想像を超えていた~

昭和60年式
  ブルーバードMAXIMA
V6 2000ターボ ルグラン
~(ある意味)想像を超えていた~

プロローグ

 もしもですよ。直4専用1800CCぐらいのFRのファミリーセダンがあったとしますよ。
 そのエンジンルームを10㎝延長して、Zに乗っているV6 2000CCターボ付170馬力のエンジンをぶち込んだら、どんな車ができると思いますか。
日産って、ときどきこんな楽しいことをやってファンを喜ばせてくれます。
 そうやって真っ先に思い浮かぶのが伝説のスカイライン54Bでして、元祖「羊の皮を着た狼」であります。
ですから、同じような手法で作ったブルーバードMAXIMAは、きっとすごいじゃじゃ馬で、アクセル一踏みで、ウイリーしながら周りの車を蹴散らしていく・・・そんなことを想像したのは私だけではなかったと思います。しかも元は、ブルーバードSSSターボなんですから。
そんなとき、突然のテレビCMで見てしまったんです。
 アメリカのどっかの長い長い橋の上をワープしながらものすごく速く走る姿を。それからキャッチコピーが入ります。
「想像を超えていた。」
「ブルーバードMAXIMA」
という内容だったと記憶しております。まあ、高くて高級な車に見えましたから、あんまり興味が湧かないというか、自分には関係のない世界の出来事だと思っておりました。
 そうこうしているうちに、前にも書きましたが、910ターボが私のアホな行為のために壊れてしまいまして、それから修理費がかかるのでいっそのこと買い換えたらどうですか、とか親しいセールスさんに勧められたりしまして、なしてか知りませんけど、気がついたらMAXIMAを買ってしまっていて、確か昭和60年の9月だったと思うんですけど、我が家に夢の車だった白&グレーツートンのMAXIMAルグランがやってきたわけであります。初めての高級車、初めてのV6、初めてのFF(えっ?)何もかも初めてづくしです。資金ですか?勤務先の互助会から借りましたよ。これで、借金200万円ぐらい、8年払いの四苦八苦の始まりですよ。

 納車 そして・・・ 

 そうやってMAXIMAとの密月が始まって、ちょうど私も結婚したばかりで、穏やかで平和で幸せな日々が流れていくはずだったのですが、そうは問屋が卸さないのが私の運命です。
 何があったって?それでは紹介して行きましょう。もう思い出したくもないですけどね・・・。分かりやすく時系列でいきますので。よく見とってくださいね。
 9月上旬、納車でしょ。
 9月中旬(というか2週間後)メーターが壊れてユニット交換しました。走行距離も0に戻ったし、まあいいかっていう感じで、別に気にもしませんでしたけど。
 10月の土曜日のことでしたよ。
 どっかに遊びに行こうとして、交差点を左折したら、後輪が縁石を擦って、そんなにスピードも出ていなかったし、ショックも少なかったので、それほど気にもしなかったのですが、念のために一応停めて見たら、後左タイヤのサイドウオールがぱっくり裂けていて、みるみるうちに空気が抜けていくじゃあありませんか。
近くのスタンドに飛び込んでスペアに交換して、遊びに行くのをやめて、日産に持っていったら「修理不可能」とのことで、新品タイヤを買うはめになりました。ガーン。
 11月になりました。
 もうすっかりパンクのことなんか忘れてしまっていて、快調快調な毎日を送っていたつもりの、これまた土曜日のことでした。
 仕事帰りに、買い物するために、いつもとちょっと違う道を通っていました。びゅんびゅん車が走る、4車線の国道190号線の下を潜った瞬間であります。
 なんかが、ビシッとフロントガラスに当たったかと思った瞬間、全面に細かくひびが入って前が全く見えなくなりました。あー驚いた。何とか車を停めて、降りてみたら悪魔のようなことになっていて、フロントガラスなんか割れたことないし、当時携帯もなかったので、どうしていいかわからずに呆然とするしかなかったと記憶しています。幸いにも日産が近かったので来て貰って修理して貰ったのですが、しばらくの間、掃除をするたびにガラスの破片が車の中から出てきて嫌になったのを憶えています。ちなみに、当時のフロントガラスは、すべて合わせガラスではなくて強化ガラスですから、ケガはしないんですけど、結晶状にバシッと全面が割れて、前が全く見えなくなって大変だったんですよ。
次、12月です。
 忘れもしない24日の朝のことでした。いつも通勤で使っていた裏道の信号のない交差点で、通過寸前に、一時停止を無視した軽自動車が左側から突っ込んできて、新車(だった)MAXIMA大破ですよ。大破。これでめでたく事故車になりました。買って半年も経っとらんのに。
 毎月のように、けっこう大きな事が起こるMAXIMA。しかもだんだん事が大きくなってきています。次はきっと人を轢きますよ、この車。いくら脳天気の私でも、そう感じざるを得ない状況です。あーどうしよう。
 すぐに車を買い換えたい状況ですが、死ぬほど借金があって無理です。仕方がないので、慎重に無理せず、ゆっくりゆっくり乗っておりました。V6ターボなんか使っている場合ではありません。あと、お守り下げたり、神社でお祓いしたり、自分の言動を改めたりなど、本当に禁欲の毎日でありました。
 そうこうしているうちに、何事もなく、冬が終わって春が来て、それから夏になりました。苦労の甲斐あって、何事もなく平和に8ヶ月が過ぎていきました。もう大丈夫ですよね。安心安心。
 そして8月のことでした。
 今日は休みだから、帰省前に洗車でもして
すっきりしようと、少し早起きして、着替えて、駐車場に行ったらね。
 運転席のドアを開けたら、なぜか助手席にこぶし大の石が置いてあります。
 ???・・・
 パッと見たら、フロントガラスがかつて見た事のある悪魔の光景に・・・。
 フロントガラスが割れとるじゃあないですか。なんで?夢?夢じゃろうねえ。でも夢じゃあない。冷静に考えてみると・・・。
そうです。どっかのアホが、この石を思い切り。故意に、悪意を持って投げつけやがったんですよ。フロントガラス大破。石は勢い余ってフロントがワスを貫通して、助手席のシートの上に転がった、そうしか考えられない状況で、気絶しそうになりました。
 室内はまたもや強化ガラスの四角い破片だらけでもう大変です。
 やっと状況を理解した私は、すぐに警察に電話をかけました。それから、なぜかギャランに乗ってやって、やる気なさそうにやって来たおまわりさんに、死ぬほど必死で説明しました。一応被害届をだしまして、犯人見つけて死刑にして欲しかったのですが、結局それ以降はなしのつぶてでありました。警察さん、忙しいのはわかるけど、せめて石の指紋採ったり、聞き込みしたり、それなりに捜査をして欲しかったなあ。
 警察の方がとっとと帰ってしまったので、日産に電話をしました。それから、知り合いのセールスさんに来て貰って、車を修理に持って返ってもらう時に、
「もう売ります。」
と、力なく言いました。
 まだ1年経っていませんけど、もう力つきました。もう、野たれ死んでも(お金がなくて)いいので、車を買い換えることにしました。セールスさんの方が、警察よりよほど親身になって対応してくれたと思います。まだ仲の良かった妻も賛成してくれました

エピローグ
 
「結局、MAXIMAはどうだったのか。」
ということなんですが、想像していたよりずっとジェントルで、速いことは速いんですがなんかスムーズ過ぎるというか、ターボがどこで効き始めるかわからないというか、トヨタ的というか、一言で言うと「FFのマークⅡ」みたいな、まったく日産らしくない車だったと記憶しています。(マークⅡ、何度か試乗に行って乗ったことがありました)
 路面をセンサーで感知してショックの強弱を切り替えるスーパーソニックサスだとか、60タイヤとか、オートエアコンにパワーウインドウにパワーステアリング、ふかふかのシートに電動ランバーサポートまで何でもついていました。
 豪華で静かで、そこそこ速くて、見栄えが良くてエアコンもよく効いて快適な高級セダン。いい車はいい車だと思います。
 でもね、あえて日産車、あえてブルーバードを買おうちゅう人は、そんな車を求めているんではないように思うのです。私なんかすぐに「しまった」と思いましたもの。
特に、私みたいな、車で速く走ることの大好きなアホには、その良さというか価値というか、そういうMAXIMAの良さがわかりませんでした。つまらん車じゃなあと思うようになってしまったのです。
「車は売っても買っても損をするものだから、 気に入ったヤツととことんつきあいたい。」
徳大寺有恒先生のありがたいお言葉です。
 私も、「間違いだらけ」第1巻から愛読しさせていただき、車がないときは、「間違いだらけの運転テクニック?」読みながら座椅子に座ってダブルクラッチの練習していたほどのファンでしたので、このお言葉をいつも心に焼き付けてはいたのですが、現実はそうもいっていられない状況がおこるのですね。 今考えると、きっとこのあたりから、私の車貧乏生活が始まっているような気がするのです。ついでに新婚生活もほころび始めていくのですが、まだ若くて世間知らずだったので、それほど深刻になったり、悩んだりすることもなかったのは、不幸中の幸いというか若さって素晴らしいというか、後になって後悔することにきっとなっていくのです。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント