早春歩①

それはまだ19のことで
一月の夕暮れのことだった
確かに春の匂いがしていた

また亜津子さんの残像があった
それでも彼女は4月に去って行く

それはまだ真冬のことで
窓から見える空は灰色だった
確かに別れが迫っていた

まだ亜津子さんの思い出があった
それでも彼女のことが好きだった

一緒に歩けたのはたった二つの季節だけ
「春のなったら」が二人の口癖
悲しい早春歩が
それでも春を連れて来る



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント