アクセスカウンタ

思い出の散策人  詩川貴彦   作品群

プロフィール

ブログ名
思い出の散策人  詩川貴彦   作品群
ブログ紹介
2019年6月
いつの間にか田んぼに水が入り
初夏の山々が鏡のように映っていました
あの頃の残照が今でも
甘酸っぱい初夏の夕景に重なっています

あなたのお言葉をお待ちしています。
詩川貴彦
bluebellweb@kbh.biglobe.ne.jp
bluebellcat@gmail.com









zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
思い
思いとは ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/15 23:18
生きるコツ
忘れてもいいことは さっさと忘れてしまおう 思い出しても仕方がないことは 記憶の彼方に捨ててしまおう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/15 23:15
蒼い雨
六月の空の彼方に たくましい雨雲が生まれて 待ちかねた命たちを 包み込む蒼い雨 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/08 23:25
せめて君のために
初夏の風が ここちよい午後のひとときを 今でも連れて来きてくれるから せめて君のことを思い出していよう ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/06/01 22:18
五月雨
僕が今日までの間 いただいてきた命たちには 本当に申し訳ないけれど ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/05/16 16:59
コアラC 「コアラと汚部屋というかゴミ屋敷」
 コアラの部屋は汚部屋というかゴミ屋敷です。まだ「汚部屋」という言葉が一般的になるずっと前のことだったので、ある意味コアラは時代の最先端を歩いていたことになります。  コアラは独身で教員住宅に住んでいます。コアラは他人を家に入れることがほとんど無かったので、その生態はベールに包まれていました。ただ、用事があって訪ねていった人が「家に入れてもらえなかった。」とか「玄関先で話したけど物が多くてそれ以上入る隙間が無かった」とか野良猫が自由に出入りしているとか噂はいろいろとありましたので、みんな薄々そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/22 22:28
コアラB 「コアラとシーホーク」
コアラも三本目になりますと、いろいろと反響というものが少しは出てきます。ほとんどは「これはワシのことですか」という苦情です。  この際だからはっきり言っておきましょう。これは私が勝手に考えた物語、フィクション、創作であります。実在の人物ではありませんのでご了解いただいたらと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/02/15 22:29
コアラA 「コアラ対モモンガ」
コアラは他の動物が嫌いです。というか敵意がエスカレートして攻撃に転じることがありますので、周りの者は注意が必要です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/08 22:35
コアラ@  「コアラと○HK」
コアラは○HKが嫌いです。  こちろん受信料を払うことなんか微塵も考えていません。そこでしつこいことでは有名な○HKの集金係の方々との攻防が風物詩となっておりました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2019/02/01 22:46
月冬
張りつめた光の糸が 静かな夜を照らしている 寒い寒い月夜のことで 静かな静かな冬の夜のことで ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/18 22:54
夕陽の中で
夕陽の中で僕たちは 互いの気持ちを確かめた ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/12 22:39
深夜便
こうして一人で 異国の歌を聴きながら 過ごす静かな夜が大好きです ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/04 23:58
春訪
まだ真冬だというのに ふと春の匂いが 横切っていくことがあって たしかに気配が 春に向かって歩き始めている ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/03 23:29
歩きはじめるとき
何度転んでも 立ち上がってやる 何度やられても 耐え抜いてやる そこに僕がいて命がある限り 決してあきらめない 僕が歩きはじめるとき ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/31 23:56
8月15日
あの頃はお盆の夜 兄が帰省し 父と母と妹と 僕と家族は この部屋に集い おじや叔母もいて にぎやかな宴だった 線香の煙が 盆提灯にゆれていた ただそれだけを ただそれだけを憶えている ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/15 23:34
白い夢
白い光の中だった 夏の景色の夢だった 確かに君がそばにいた そんな静かな午後だった ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/07/25 14:09
シャムシャム・シャムシャム
シャムは痛くてなきました 寒くて怖くてなきました お腹がすいてなきました 冷たい雨になりました ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/06 23:54
黄金風景
黄金風景 あなたと最後に会った日は まぶしいほどの秋晴れで いつもは暗いこの町も 光あふれる午後でした ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/15 00:22
お墓に雨が降る前に
お墓に雨が降る前に お墓に雨が降る前に きれいな花を供えます 西の空には黒い雲 ポツポツ雨の降り始め ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/24 23:49
ネコの学校
ネコの学校 ラムの先生ミケ先生 連絡帳が届きます 「いつもかわいいラムちゃんは  毎日ハキハキしています」 ハキハキしているラムちゃんは とってもいい子と思ったら 草を食べては吐き吐きし そこいら中にまき散らす とっても悪いネコでした ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/06/23 23:46

続きを見る

トップへ

月別リンク

思い出の散策人  詩川貴彦   作品群/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる