ブルーバードSSS ツインカムターボ

昭和61年式
  U11ブルーバード SSSーS
ツインカムターボ
~バブルに向かって~

ブルーバードマキシマのことで、すっかり懲りてしまったワシは、車のことなんか忘れて、しばらく大人しくしようと思ました。
 そいでもって、マキシマを買った山口日産宇部支店に行って手放すことを伝えました。
 今度は軽自動車でええのです。雨風がしのげて通勤に使えて、ちょっと荷物が運べて、そんなもんで車はええんです。当時の日産は軽自動車の販売をしてなかったものですから、マキシマのことが落着したら、そのままスズキかダイハツに行って中古車でも探そうかと思っていました。
 8月上旬よく晴れた平日の真っ昼間から、世の人は汗水垂らして働いているというのに、山口日産の冷房が効いたショールームで、なじみのセールスの河村さんとアイスコーヒー飲みながら話し込んでおりました。
「すんませんが電話でお話したとうりに、マ キシマを手放します。こう立て続けに災難 ばっかり降りかかってきたら、次はきっと 死ぬか人轢くかどっちかのような気がしま す。」
「私もそう思いますので、できるだけのこと はさせていただきます。先生と私との間柄 ですから、遠慮なく言ってください。」
「軽自動車に乗り換えようと思ってます。も う走ればええですから。」
「それならスズキのセールスを紹介しましょ う。マキシマの下取りは目一杯出させても らいますから安心してください。でも先生 がうちから離れていくのが残念です。」
 お互いにしんみりして今生の別れのごとき台詞を吐いておりました。このとき更正して軽自動車に乗っていれば、今みたいに車貧乏になることはなかったと思いますが、神様ってまだまだワシに車を買わせるつもりだったみたいです。
なしてか知りませんが、整備工場の、フロントガラスが割れたワシのマキシマの横にすごくかっこいい真っ白なブルーバードが置いてありました。マイナーチェンジで内外装やエンジンが大きく変わった新型ブルーバードであります。
何がカッコええかといえばそのスタイルであります。ブル伝統の四角いヘッドライトの間の不思議なデザインのグリルにFFを活かしたワイドトレッドとオーバーフェンダーにとどめはダックテール。エンジンルームにはツインカムターボ化されたCA18DET145馬力が収まり、パワーを誇示する赤いヘッドに2本だしのエギゾーストマフラー。なんかマイナーチェンジとは思えんぐらい変わっていました。
 当時の日産は、こんなすてきなマイナーチェンジをやってくれる会社でありました。Z31なんか、ボディをほぼ全面的に手直しして③ナンバー専用ボディにしたり、R31スカイラインなんか、エンジンを換装してクーペボディにして「その時精悍」になったりと、日産車はマイナーチェンジまで待って買えと言われていたほどでした。
新型ブルーバード。見れば見るほど本当にかっこいいと思ってしましました。
「ちょっとエンジンかけてみても いいですか。」
「どうぞどうぞ。キーはついていますから。」
 そいでもって、ワシは真っ白いサッシレスのドアを開けて運転席に気をつけて座りました。室内はスポーティなモデルらしく黒を基調にした精悍な感じでした。シートもええのう。サイドが盛り上がってサポートも座り心地もええです。キーをひねると静かにエンジンが始動しました。以外とジェントルな感じじゃなあと思いました。でもアクセルをちょっとだけ踏み込むとクオーンといい声で吠えてくれます。
 ワシは、この車が欲しくて欲しくてたまらんようになってきました。何かこれこそ、ワシが求めていた本当のブルーバードの姿だと思い込んでしましました。
 ショールームでは、河村さんが書類を用意して待っていてくれました。最後の別れに行ったらものすごい美人にあって一目惚れしたような感じでした。
「ワシ、新型のブルを買います。」
 河村さんは、ちょっと驚いて、それからいつもの人懐こい笑顔になって
「ありがとうございます。目一杯やらせていただきます。」
とおっしゃったのでした。

夏休みの終わって、秋の運動会が終わった頃、そのブルはやってきました。
 周りの人は、口をそろえて
「かっこいい。」
といいます。ワシもそう思いました。真っ白で面が角角っとしとって、ランプ類も大きめで、実際よりも大きくてゴージャスな車に見えます。この「大きくゴージャスに見える」ことこそバブルに浮かれている我々にはとっても重要なことだったのです。それからツインカムターボというエンジン。性能自体はたいしたことはなかった(と乗って感じた)のですが、こういうスペックが大切だったのです。他にもスイッチオンでウイーっとカバーが開くフォグランプにヘッドライトウオッシャーにワイパー(ヘッドライトのだよ)音は二の次で電飾バリバリのオーディオ類。あんまり意味をなさなかったショックアブソーバーの切り替え機構。でもこういうとこが買う側にとっては大事だったのです。バブルだから。
 この辺りから、やっと日産は、売れるためにはどうすればいいのかをやっと考えるようになってきました。要するに時代を少しは読むことができるようになってきたのだと思います。フルモデルチェンジで大騒ぎして発売した車が、ことごとく売れないというか何か変で勘違いしいていて大失敗の評判最悪のみんながそっぽ向いてえらいこっちゃ。それから二年、じっと考えてマイナーチェンジでけっこう大胆にあちこち変更して、こりゃあかっこいい。エンジンだって換装してるし走りもまったく別物。スタイルだってこれがさっきのあれですかと思うほどのかっこよさ。
「日産の車はマイナー後に買え」という鉄則はこの頃にできたように記憶しています。
ワシは、このこのブルが、これまでのブルの中で一番好きで逢うす。なしてかというと、かっこいいからです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント